• ホーム
  • 肌の乾燥は外気だけでなく、食生活や過労の他に入浴の方法が原因のことも

肌の乾燥は外気だけでなく、食生活や過労の他に入浴の方法が原因のことも

2020年03月29日
笑顔の美人

現代人の多くを悩ませているものと言えば乾燥です。最近皮膚が突っ張って仕方がない、ザラザラして全然お化粧が乗らない、顔が粉っぽくて小吹芋のようになってきたと、頭を抱える方も多くいます。だけどこういうのは体質だから仕方がない、とあきらめていませんか。実は皮膚の乾燥は外気だけが原因ではありません。色々な要因が重なって、そのしわ寄せが表れている状態です。乾燥の要因をいくつか挙げますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まずは食生活です。肌が艶々していて美しい人には共通点があります。それは健康的だということです。よく、肌は体の健康状態を表すと言われますが、美しい皮膚の持ち主は皆さん健全な食生活を送っています。特に20代半ばを過ぎてくると、食生活が体に与える影響は絶大です。美肌のためにスキンケアをするのはもちろんですが、体の中からも綺麗にすることが大切です。

肌に良いとされる食べ物は幾つかあります。まずは美肌のビタミンであるビタミンCを多く含む食品を摂ることが重要です。コラーゲンの生成を助けてシミを防ぎ、美白へと肌を導いてくれます。ビタミンCが多い食品にはレモンやイチゴやキウイフルーツといった柑橘系の果物、野菜ですとキャベツやじゃがいもやほうれん草などにも含まれています。また、肌のバリア機能や免疫力を高めるにはビタミンAが必要です。ビタミンAが多く含まれている食品には、鶏や豚のレバー、ウナギといったパワフルな食材の他、人参やカボチャなどにも含まれています。緑黄色野菜も積極的に摂りましょう。

肌の代謝を高めるという意味ではビタミンB2やB6も欠かせません。ビタミンB2やB6は魚や肉、卵、豆類に多く含まれていますので、バランス良く摂ることが必要です。そして健全な食生活以外にも大切なものがあります。ストレスを溜めないということです。お金は大切ですが、働きすぎには気をつけて過労にならないようにしましょう。最近疲れていると感じたら、お風呂に入ってリフレッシュがお勧めです。気分もスッキリと爽快になります。しかし、体や顔を洗いすぎるのは禁物です。潤いまで落としてしまわないようにしましょう。アレルギーでもないのに乾燥肌に悩む人の多くは、洗いすぎていることが原因です。またあまりにも長風呂だと体力を奪われますので、かえって疲れが増してしまいます。リフレッシュできたと感じたらサッと引き上げてお部屋で寛ぎましょう。何事もほどほどが肝心です。